京都でゴミ屋敷、ゴミ部屋や遺体発見現場などの特殊現場の清掃はお任せください。

TEL:0120-668-203受付:9:00~21:00

京都でゴミ屋敷、ゴミ部屋の清掃はセントワークスにお任せください。

セントワークスでは京都でのゴミ部屋、ゴミ屋敷などの大量に不用物が溜まった部屋の片づけを行う専門の業者です。また遺体発見現場からの家財整理も行っております。

作業は迅速に秘密厳守で行うことをお約束いたします。片付けの費用はゴミの容積で算出しお見積りは無料で行っております。

お気軽にご相談ください。誠実にお答えします。

セントワークスは優良事業所として登録されています。

ゴミ部屋・ゴミ屋敷など不用品撤去の作業の流れ

秘密厳守にて。迅速丁寧に作業を行います。ご要望に応じての仕分け作業も行っております。(何々を探してほしいなど)

ミ部屋・ゴミ屋敷など不用品撤去の料金表

弊社では撤去をする不用物の量で作業料金を算出しております。

お部屋の撤去後のウスクリーニングもお任せください。

トイレのゴミの撤去とハウスクリーニング例

ゴミ撤去後の台所のハウスクリーニング例

作業実績

セントワークスが過去にゴミ屋敷やゴミ部屋の作業を行った現場の写真をお客様の了承を得て公開しています。 まずはお1人で悩まずにお問合せをください。

更新情報・お知らせ

大阪の空き家対策・ゴミ屋敷問題についてを追加しました。NEW
お役立ち情報:さまざまなゴミ:海洋ゴミについてを追加しました。NEW
お役立ち情報:ゴミを減らす様々な対策を追加しましたNEW
お役立ち情報:重曹を使ってお掃除を追加しました
作業実績を追加しました。
お客様のお声をいただきました。
 

セントワークス 社員一同

ゴミ部屋、ゴミ屋敷、特殊清掃対応地域

京都その他 近畿一円お任せくさい

即日対応エリア

大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、和歌山県

京都府:綾部市・宇治市・亀岡市・京田辺市・京丹後市・城陽市・長岡京市・南丹市・福知山市・舞鶴市 ・宮津市・日向市・八幡市・井出市・伊根町・大山崎町・宇治田原町・笠置町・京丹波市・京丹波町・京丹後市・久御山町・精華町・南山城村・与謝野町・和束町

【京都市クリーンセンターにゴミの持込み】

京都市内の家庭から出るゴミは下記クリーンセンターに持込むことが出来ます。 
☆南部クリーンセンター (ゴミ部屋・ゴミ屋敷でお困りの方へ)
所在地  京都市伏見区横大路八反田29      電話  075-611-5362
☆東北部クリーンセンター 
所在地  京都市左京区静市市原町1339     電話  075-741-1003

・ゴミを持ち込む際には受付時に『身分証明書』の提示が必要となります。 
(搬入申告者の記載と処分品を持ち込まれた方が同一人物かを確認しています。) 
受付時間  月曜日から金曜日  第2と第4土曜日  (祝日も可能) 
9時から12時    13時から16時30分 
・ゴミを持ち込む際には搬入申告者が必要となります。 
(京都市各区役所のエコますステーションでも配布を行っています。) 
『持込みゴミの注意事項』 
・京都市内の部屋・屋敷から出るゴミと、京都市内の事業所から出た処分品のみ持込み可能 
・処分品により荷降ろしの場所が異なります。 
(事前に分別をして積込みを行なっておいて下さい) 
・一度に大量のゴミを持ち込む際には、事前にお問合せをお願いします。 
(受け入れが出来ない場合があります) 
・クリーンセンターに持込ないゴミ

『注意』 
受け入れが出来ないゴミの例 
・危険物(ガソリン・灯油・シンナー・薬品・プロパンボンベ・消火器・カセット 
ボンベ・スプレー缶・ライター・マッチ・花火) 
・家電リサイクル法で定められた品目 
(テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機) 
・特定資源ゴミ 
(缶・ビン・ペットボトル・プラスチック包装容器) 
・リサイクル紙類 
(ダンボール・雑誌・新聞紙・紙パック)

『ゴミの手数料』(平成29年 ゴミ部屋・ゴミ屋敷セントワークス調べ)

100kg以下は、1000円 
100kg以上600kg未満は100kgにつき1500円 
600kg以上は、2000円 
☆持込みゴミのお問合せ 
京都市環境政策局適性処理施設部施設管理課   
075-212-9820

京都市のゴミの取り組み

『京都市では、もっともゴミの排出量が多かった平成12年度のゴミの量を重く受け 
止めて平成32年度迄に、当時のゴミの排出量を半分以下に減らす目標を掲げてい
ます。その対策として、事業ゴミの減量を推進しニュースレター[ごみゅに
けーしょん]を平成23年度から発行しています』

《事業ゴミとは》

各事業(会社・飲食店・商店・工場など)を行っている場所から出るゴミのことををいいます。
〈事業ゴミ〉は〈家庭の部屋ゴミ・屋敷ゴミ〉と一緒に出すことは出来ません。
京都市では、平成22年度より透明袋義務化を行っています。
この取り組みにより、京都市の廃棄物の排出量は年々減ってきています。
〈事業ゴミ〉の中でもっとも多いのが「生ゴミ約42%・紙類約33%・プラスチック 類約13%」となっています。

『京都市では、各事業者に紙ダイエット大作戦を推進しています』

燃やすゴミの中には、紙類などの資源・家庭の部屋。屋敷からまだまだ沢山入っています。〈減らす〉〈分ける〉の分別で《美しい町京都市》を作りだしましよう。
《事業の作戦として》
・電子メールなどを用いて、紙の枚数を減らす。
・両面印刷を心掛ける。
・印刷ミスを防ぐために印刷機を一度使ったらリセットをする。
・裏面が使える紙はメモなどに用いる。
・紙ゴミ専用の置き場所を用意する
・分別された紙ゴミは、資源回収業者や各自治会に出しましよう。

京都市のシンボル(ゴミ屋敷・ゴミ部屋セントワークス調べ)

京都府南部に位置する内陸都市で、面積は827,83平方キロメートルになり、11区の行政区画があります。自治記念日は10月15日
旧市街地では街路名(通り名)の住所表記が用いられています。
また、街路を東西・南北の〈碁盤の目〉状に通っており、街路には全て〈通り名・名称〉がつけられています。

京都市の紋章(ゴミ部屋・ゴミ屋敷セントワークス調べ)

《京》の文字を図案化し御所車を配し、古都を象徴する紫色と金色の二色を用いています。
『京都市の花・ツツジ』(ツツジ科ツツジ属)
開花期は4月から5月頃       花言葉(赤色・恋の喜び)(白色・初恋)
ツツジは落葉性の高木で、花を筒状に咲かせることからその名がつきました。
万葉集にもツツジの歌が詠まれるほど、古来より日本人に親しまれています。
京都市の神社や寺ではツツジを楽しめる名所が沢山あります。4月から5月に寺院巡りをされら際には、京都の庭師による見事なツツジ庭園が見られます。
『京都市の花・椿(ツバキ)』ツバキ科ツバキ属
開花期は12月から4月頃     花言葉は(控えめな優しさ・誇り)
名前の由来は諸説ありますが〈強葉木〉葉が丈夫なことから〈艶葉木〉艶のある葉
18世紀にヨーロッパに渡ったツバキは〈日本の薔薇〉と賞賛されています。
京都市北区にある椿寺(地蔵院)には、豊臣秀吉が献上したと言われるツバキが見られます。また、特別拝観の時にしか立ち入り出来ないのが、京都市左京区の哲学の道にある〈霊鑑寺〉の〈日光椿〉(天然記念物に指定されています。)
『京都市の花・里桜』(別名ボタンザクラ)バラ科サクラ属
オオシマザクラを基に他の品種のサクラを掛け合わせて作られました。
里桜の種は、200以上の品種があります。
花言葉は〈豊かな教養・善良な教育・しとやか〉
開花期は4月から5月頃にかけ〈ソメイヨシノ〉よりも一週間程遅く咲き始め、開花期はサクラの種では長めになります。
名前の由来は、人里で咲くことから里桜と伝えられています。
京都市中京区の〈世界遺産の二条城〉では、見事な庭園での里桜が見ることができます。また、庭園にはヤマザクラやソメイヨシノなども植えられていて夜桜見物もできるようになっています。
京都市では、寺神社の院内のサクラも美しく魅力的なのですが、賀茂川沿いを散歩するコースでは〈古都・京都〉を感じながら様々なサクラが楽しむことができます。
『京都市の木・シダレヤナギ』(別名イトヤナギ)
ヤナギ科ヤナギ属  落葉高木
樹高は約10から20m程になり先端の枝が細長く垂れ、種子に白い毛がつきます。
開花期は3月から4月頃に暗黄緑色の尾状花序をつけます。
花言葉は〈わが胸の悲しみ〉〈愛の悲しみ〉〈自由〉〈従順〉です。
世界では300種を超える〈ヤナギ属〉があり、日本では奈良時代に中国から入ってきたと伝えられています。
京都では古来より街路樹としても親しまれていますが、井戸の横に〈枝垂れ柳〉がひっそりと立ち、垂れた枝が風で揺らめく姿が〈幽霊〉とのイメージができたようです。
京都中心部を清らかに流れる〈高瀬川〉の両側には、神秘的で涼やかなシダレヤナギの並木があります。
『京都市の木・タカオカエデ(イロハモミジ)』
〈カエデ科カエデ属  落葉高木〉
本来は〈イロハモミジ〉で名が通っており、葉が5から9裂片していることから古来「いろはにほへと・・・」と数えたからと由来されています。
〈タカオカエデ〉の由来では、京都の高雄山辺り周辺に多く自生しているからだとされています。
開花期  4月から5月頃にかけて暗紫色の花弁を5枚つけ花を咲かせます。(風媒花)
花言葉は〈調和・遠慮・大切な思い出〉など。
晩秋に美しく紅葉するタカオカエデ(イロハモミジ)の中でも〈霊鑑寺〉京都市左京区の樹齢350年と云われているタカオカエデは、巨木であり真紅に染まりきります。
『京都市の木・カツラ』カツラ科 落葉高木
幹の直径が2m程・高さ30m以上にもなり、丸く愛らしいハート型の葉をつけています。4月から5月頃に液生開花を行い、秋に黄色に紅葉します。
街路樹や公園樹にも活用されていますが、建築材・薪炭・洋家具など多目的に利用されています。
京都の〈葵祭り〉では、神人がカツラの葉を頭に挿すそうです。

(京都のゴミ部屋・ゴミ屋敷セントワークス調べより)

↑ PAGE TOP